継続教育について

継続教育プログラムとは / 継続教育受講券とは / 受講券利用可能講座 / 継続教育学習キット / Q&A

 

継続教育プログラムとは

協会では、認定資格保有者の方に、いつでも的確なアドバイスを行うことができるよう、中国茶の最新の情報を得ることに務めていただきたいと考えています。

確かな知識と技術を有した有資格者の存在こそが、認定資格のイメージを高めることに繋がると考えているからです。

その活動の一環として、資格認定会員の方には毎年、継続教育費4,000 円を年会費と共にお支払いいただいています。

この対価として、協会では「継続教育受講券」を発行し、有資格者の皆様の学習をサポートしています。

 

継続教育受講券とは

継続教育受講券とは、資格認定会員の継続学習を円滑に行うために協会が発行しているクーポンです。

本受講券と引き換えることで協会認定の継続教育研修や認定講座が最大4,000円引きで受講できるほか、継続教育学習キットの請求に利用することができます。

※4,000円分に満たない講座で利用した場合でも、釣り銭は出ません。

 

継続教育受講券が利用できる講座

・有資格者が保有している資格の上位に相当する認定講座

(例)初級保有者の方→中級中国茶アドバイザー養成講座、中級保有者の方→高級中国茶アドバイザー養成講座、高級保有者の方→中国茶アドバイザー指導士養成講座

利用法:料金支払い時に提出。最大4,000円分の受講料割引券として利用可。

 

・中国茶文化協会が主催するセミナー・研究会

(例)オープンセミナー、中国茶フォーラム、中国茶研究会

利用法:料金支払い時に提出。最大4,000円分の受講料割引券として利用可。

 

・協会認定教育機関が開催する講習会のうち、特に協会が指定したもの

(例)協会顧問等が実施する講演会、内容が有資格者のスキルアップに繋がると認定された講座

利用法:講座が受講券利用可能か確認した上で、料金支払い時に提出。最大4,000円分の受講料割引券として利用可。

 

・継続教育学習キット

利用法:こちらを参照の上、希望する継続学習キットを選んで、受講券に記入。
はがき部分を切り離して、52円切手を貼り付けの上、ポストに投函。

 

継続教育学習キットのご紹介

継続教育学習キットは、お忙しい方、お近くに認定教育機関がない方などのために、ご自宅で自習ができるよう、テキストと茶葉教材をセットにした学習キットです。

ご請求は、お手元の継続教育受講券のはがき部分を切り離し、62円切手を貼って、ポストに投函下さい。
通常、10日~3週間程度でご自宅にお届けします。

 

現在配布中の継続教育学習キット

種別 番号 キット名 キ ッ ト 内 容
定番キット Kit-000 台湾烏龍茶研究 台湾で生産されている半球型の烏龍茶を品種の違い(青心烏龍種、金萱種など)や産地などで数種類テイスティングできるキットです。
数量限定キット Kit-002 安渓烏龍茶研究 福建省南部で作られる烏龍茶を品種別に飲み比べ香りや味の違いなどを学んでいただくキットです。

 

 

継続教育に関するQ&A

Q.継続教育受講券とは何ですか?

A.中国茶アドバイザーのスキルアップのためのクーポンです。

協会の認定する講座やイベント等で、最大4,000円引きのクーポンとして利用いただけるほか、自習のための「継続教育学習キット」と引き換えることもできます。
配布は年に1回。更新後の資格証書に同封されています。
なお、利用できるのは、ご本人に限ります(譲渡不可)。

Q.継続教育の受講を忘れてしまい、期限切れの受講券が手元にある状態なので
すが、アドバイザー資格は失効してしまいますか?

A.アドバイザー資格は、受講券の利用の有無に関わらず有効です。

翌年分の年会費と継続教育費の振込をいただければ資格は更新となり、新しい認定書と継続教育受講券が送付されます。

Q.受講券の有効期限が切れてしまったのですが、もう利用できませんか?

A.事務局にお問い合わせください。

協会ニュース・アーカイブ