協会の認定資格

中国茶を広める人材を育成するために

私たち中国茶文化協会は、中国茶の魅力を多くの方に伝え、お茶による繋がり(茶縁)のある温かな社会を実現することを目的としております。

こうした普及活動を進めていくにあたっては、中国茶に関する確かな知識と技術を有する人材が必要不可欠です。

そこで、協会では2種類の資格を設け、その育成講座の開催と資格認定を行うことにより、こうした人材の育成を進めています。

 

普及者資格(中国茶アドバイザー)

中国茶アドバイザーは、

数多くの種類がある中国茶の中から、TPOに合わせて適したお茶を選び、
それを美味しくいれるためのアドバイスを行う知識と技術

を認定する、普及者資格です。

難易度に応じて、初級・中級・高級の3段階を設けています。

中国茶専門店や中国茶を提供するレストランのスタッフなどの他、中国茶の全体像をきちんと理解したい消費者の方にも、数多く取得いただいております。

 

指導者資格(中国茶アドバイザー指導士中国茶コーディネーター

協会の指導者資格は、

当協会認定の中国茶アドバイザーを育成するのに必要な知識と技術

を認定する、講師資格です。

初級中国茶アドバイザーを養成できる「中国茶アドバイザー指導士」、初級~高級中国茶アドバイザーを養成できる「中国茶コーディネーター」の2種類の資格があります。

本資格保有者は、カルチャーセンターや自宅サロンなどで、協会認定の初級中国茶アドバイザー養成講座等を開講することができます。

 

継続教育について

協会の認定資格保有者は、毎年「継続教育プログラム」を受講し、知識の更新と技術の向上に取り組んでいます。
継続教育の方法は、「認定講習会への参加」「より上位のプログラム(認定講座)への参加」「継続教育学習キットによる自習」のいずれかがあります。

 

よくいただく質問

資格制度について、よくいただく質問にお答えいたします。

 

 

協会ニュース・アーカイブ